作曲の始め方

【作曲したい】初心者必見!作曲の仕方を順番に解説します【コード進行から作るやり方】 

初心者でも簡単に作曲できる方法ってないのかな・・・?

やっぱり音楽理論とかも知らないとダメ、、?

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 【作曲したい】初心者必見!作曲の仕方を順番に解説します【コード進行から作るやり方】

  • 音楽理論を知らなくても大丈夫な理由

■【作曲したい】初心者必見!作曲の仕方を順番に解説します【コード進行から作るやり方】

作曲には様々なやり方(方法)がありますが、大きく以下の3つに分類することができます。

  1. コード進行から作る方法【コード先行型】

  2. メロディから作る方法【メロディ先行型】

  3. 歌詞から作る方法【詞先型】

この3つのうち、作曲初心者にとって一番簡単なのが、①の「コード進行から作る方法【コード先行型】」です。

一見、②の「メロディから作る方法【メロディ先行型】」が簡単そうに感じますが、作曲初心者の方の場合、「作ったメロディにコードを付ける」という作業が難しいため、実はハードルが高いです。

【中級者以上向け補足】作曲に慣れてくると、鼻歌や楽器で先にメロディを作る場合でも、そのメロディに付随するコードも同時に浮かぶため、厳密に言えば、「メロディのみを先に作る方法」は存在しないのかもしれません。もちろん、コードは後から変更したりもしますが。

本記事では、①の「コード進行から作る方法【コード先行型】」を基に、「初心者でも作曲は簡単に出来る!」ということを体験して頂きたいと思います。

具体的な手順は以下です。

  1. コード進行を決める

  2. そのコード進行を楽器で弾くか、DAWソフトに打ち込む

  3. そのコード進行を繰り返し聴き、音の流れを掴む (※重要)

  4. そのコード進行に合わせて、鼻歌(ラララ)でメロディを作る

  5. 完成

コード進行を決める

まず、使うコード進行を決めましょう。

コード進行に著作権はない為、自分の好きな曲のコード進行をそのまま使って大丈夫です。

一応、【オススメのコード進行をまとめた記事】もあります。

今回は例として、「カノン進行 (カノンコード)」を使用します。

カノン進行 (カノンコード)

C→G→Am→Em→F→C→F→G

多くの楽曲で使われている有名なコード進行です。

そのコード進行を楽器で弾くか、DAWソフトに打ち込む

カノン進行C→G→Am→Em→F→C→F→G】を楽器(ギターorピアノ)で弾くか、DAWソフトへ打ち込みましょう。

中には、「楽器は弾けないし、打ち込みもよくわかんないよ!」という方もいると思います。

今回はそういった方のために、音源も用意しました。↓↓↓

この音源を使えば、楽器も打ち込みも必要ありません。↑↑↑

そのコード進行を繰り返し聴き、音の流れを掴む (※重要)

音源を繰り返し聴き、音の流れを掴みましょう。(重要)

この作業をせず、いきなり鼻歌でメロディを作ろうとすると、コード進行に合わないチグハグなメロディになってしまいます。

そのコード進行に合わせて、鼻歌(ラララ)でメロディを作る

音源を繰り返し聴き、音の流れが掴めてきたら、いよいよ作曲開始です。

音源に合わせて、自由に鼻歌(ラララ)を歌ってみましょう。

その際、「どのタイミングで歌い始めるか」も大切です。

具体的には、以下の3つのタイミングがあります。

【メロディを歌い始めるタイミング】

1. コード進行が始まるのと同時歌い始める

2. コード進行が始まる前歌い始める

3. コード進行が始まった後歌い始める

それぞれの特徴としては、

1. 同時 → カウントに合わせやすい。初心者の方にオススメ。

2. 始まる前 → 助走的な感じになり、メロディに「勢い」がつく。

3. 始まった後 → メロディに「溜め」がつく。

最初は「 同時」がオススメですが、自分の好きなタイミングで構いません。

タイミングを決めたら、納得のいくメロディが出来るまで、音源に合わせて、何度も何度も鼻歌を歌いましょう。

その際、せっかく思いついたメロディを忘れてしまうのは勿体ないので、毎回スマホのボイスメモで鼻歌を録音して下さい。

完成

メロディが出来たら、作曲完了です。
お疲れ様でした!


余力がある場合は、作ったメロディに歌詞を付けてみて下さい。
そうすれば作詞も完了です。

今回は私も作ってみましたので、公開します。

歌い始めるタイミング、「同時」「始まる前」「始まった後」の全てのパターンで作曲しました。

【作曲例1 (歌い始めるタイミング → 同時)】

【作曲例2 (歌い始めるタイミング → )】

【作曲例3 (歌い始めるタイミング → )

■ 音楽理論を知らなくても大丈夫な理由

ここまで読んで頂きありがとうございました。

思ったより簡単に作曲出来ましたよね? (音楽理論や楽譜は一切使っていない)

そうなんです、作曲とは極論、「コード進行を聴きながら鼻歌を歌うだけ」なので、難しい音楽理論は必要ないのです。

・・・ただ、それは、作曲を趣味としてやっていく場合だけです。

もし、「プロの作曲家になりたい」「演奏家になりたい」のであれば音楽理論の修得は必須です。

音楽理論はミュージシャン同士の共通言語なので、理解していないと会話が出来ません。
(→ 仕事にならない)

今回はあくまで、初心者の方に向けて、「作曲の簡単なやり方(方法)を伝える」というコンセプトで記事を書きました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA