作曲の始め方

【作曲】おすすめのコード進行をまとめました【組み合わせ方も解説】

・作曲したいのだけど、何か良いコード進行ないかな?

・実際に、そのコード進行が使われている楽曲も知りたいな。

・後、4小節・8小節単位のコード進行をどのように組み合わせて一曲にするのかも教えて・・・

こういった方向けに記事を書きました。

本記事の内容

  • 【作曲】おすすめのコード進行をまとめました【カノン、王道進行 等】

  • コード進行を組み合わせて一曲にする方法

今回はJ-POPによく使われているコード進行を、いくつかご紹介しようと思います。

作曲する際、コード進行は自由に決めることができますが、J-POPの有名曲等で使われているコード進行は、ある程度パターン化されています。

それらを分析し、曲作りに取り入れることで、飛躍的に「良い曲」を作りやすくなりますよ。

また、作曲初心者の方から、

「4小節や8小節単位のコード進行だけ教えて貰っても、それらを組み合わせて一曲にする方法がわからない」

という質問もよく頂くので、あわせて書いていきます。

【作曲】おすすめのコード進行をまとめました【カノン、王道進行 等】

  1. カノン進行
  2. 王道進行 (4536進行)
  3. 小室進行
  4. レットイットビー進行
  5. 1625進行

① カノン進行

「カノン進行 (カノンコード)」

パッヘルベルのカノンに使われているコード進行です。

響きの美しさから、J-POPでも多くの楽曲に使用されています。

作曲初心者の方は、まず、このカノン進行を曲作りに取り入れてみることをオススメします。

いきなり名曲が作れてしまうかもしれません 笑

カノン進行 (カノンコード)

C-G-Am-Em-F-C-F-G

【カノン進行の使用例】

・愛は勝つ / KAN

・負けないで / ZARD

・上からマリコ / AKB48

・勇気100% / 光GENJI

・風になる / つじあやの    等

② 王道進行 (4536進行)

「王道進行 (4536進行)」

J-POPで最も多く使われているコード進行です。

ダイアトニックコードの4番目(F) → 5番目(G) → 3番目(Em) → 6番目(Am)と進行することから、「4536進行」とも呼ばれます。

イントロ、Aメロ、Bメロ、サビ、アウトロのどこでも使用することができます。

王道進行 (4536進行)

F-G-Em-Am

【王道進行 (4536進行)の使用例】

・Love so sweet / 嵐

・全力少年 / スキマスイッチ

・HANABI / Mr.Children

・瞳をとじて / 平井堅

・God knows… / 涼宮ハルヒの憂鬱   等

③ 小室進行

「小室進行」

小室哲哉さんが多用したことから「小室進行」と名前が付きました。

マイナーコードで始まり、メジャーコードで終わるため、「暗い→明るい」と進み、開放感があります。

ボーカロイド楽曲にもよく使われている印象です。

小室進行

Am-F-G-C

【小室進行の使用例】

・Get Wild / TM NETWORK

・Summer / 久石譲

・オレンジ / SMAP

・千本桜 / 黒うさP

・青いベンチ / サスケ    等

④ レットイットビー進行

「レットイットビー進行」

ビートルズの「レットイットビー(Let It Be )」に使用されている進行です。

カノン進行ほどではありませんが、こちらも多くのJ-POPで使われています。

レットイットビー進行

C-G-Am-F

【レットイットビー進行の使用例】

・空も飛べるはず / スピッツ

・チェリー / スピッツ

・君の名は希望 / 乃木坂46

・Take On Me / A-Ha

・NO MORE CRY / D-51    等

⑤ 1625進行

「1625進行」

ダイアトニックコードの1番目(C)→6番目(Am)→2番目(Dm)→5番目(G)と進行していきます。

「C→Am→Dm→G→C→Am→Dm→G」のように、繰り返す使い方(循環)をすることが多いです。

最近のJ-POPでは、Aメロによく使用されている気がします。

1625進行

C-Am-Dm-G

【1625進行の使用例】

・ラストクリスマス / Wham!

・エーデルワイス / サウンド・オブ・ミュージック

・サステナブル / AKB48

・イエス / Acid Black Cherry

・涙のリクエスト / チェッカーズ    等

コード進行を組み合わせて一曲にする方法【コード進行の組み合わせ方】

ここまで「作曲にオススメのコード進行」を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ここからは作曲初心者の方からよく聞かれる、

「4小節、8小節単位のコード進行同士の組み合わせ方」

を解説していきます。

今回は、前述した、「カノン進行」「王道進行 (4536進行)」「小室進行」「レットイットビー進行」「1625進行」を組み合わせて、一曲のコード進行にしてみようと思います。

コード進行同士の組み合わせ方 (繋げ方) は自由

先に結論を言ってしまうと、「コード進行同士の組み合わせ方 (繋げ方) は自由」です。

例えば、

イントロを「カノン進行」

Aメロを「小室進行」×2

Bメロを「王道進行 (4536進行)」

サビを「カノン進行」×2

アウトロを「カノン進行」×2

このように組み合わせて、一曲にしたとします。

全然OKです。

これをコード進行で表すと以下になります。

他にも、

イントロを「レットイットビー進行」×2

Aメロを「1625進行」×2

Bメロを「王道進行 (4536進行)」

サビを「レットイットビー進行」×4

このような組み合わせもありです。

コード進行で表すと以下になります。

このように、コード進行同士は、好きなように組み合わせてOKです。

ただ、1つポイントを挙げるとすると、「各セクション(Aメロ、サビ 等)の最初のコードが全て一緒」になる組み合わせは避けた方が無難です。

例えば、

イントロを「カノン進行」、Aメロを「1625進行」、Bメロを「レットイットビー進行」、サビを「カノン進行」

のようにしてしまうと、

各セクションの最初のコードが全て「C」になってしまい、曲全体で見た時に、ワンパターンな印象になってしまいます。(絶対にダメという訳ではない)

コード進行を部分的に結合する手法もオススメ

また、コード進行を部分的に結合する手法もオススメです。

どういう事かと言いますと、

[例1] カノン進行 + 王道進行 (4536進行)

[例2] カノン進行の後半部分 + 小室進行

のような感じです。

もちろん、メロディとの兼ね合いもありますので、合わない場合はやめましょう。

一からコード進行を作る (コード進行の作り方)

今回は、「カノン進行」「王道進行 (4536進行)」「小室進行」「レットイットビー進行」「1625進行」の有名なコード進行同士の組み合わせで、一曲のコード進行にしてみましたが、これらを使用せずに、一つひとつコードを組み合わせて、一からコード進行を作ることも出来ます。

例えば、

キー=Cでコード進行を作る場合、

「C」「Dm」「Em」「F」「G」「Am」「Bm(♭5)」

の中から、自分の好きな順番に並べていけば良いので、

「最初のコードを「C」、その次のコードを「F」、その次は「C」、その次は「G」、その次は「Em」、その次は「Am」、その次は「Dm」、その次は「G」にしよう!」

としたとしたら、コード進行は当然、

C → F → C → G → Em → Am → Dm → G

になります。

こんな感じで色々コード進行を作ってみましょう。

また、原則、ポップスにおいては、コードはどのように組み合わせても大丈夫ですが、以下の3つの進行はあまりやらない方が無難です。

(絶対ダメという訳ではなく、使用されている楽曲もあります)

避けた方が良い進行 (キー=C)】

Dm → F

Am → C

Em → G

最後まで読んで頂きありがとうございました。

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA